09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

トピックス


■ブログ引越しました!
当ブログをご覧になっていただいている皆様、いつもありがとうございます。
このたび「タカオが行く!2」はお引越しをすることとなりました。
以下のURLにて「タカオが行く!3」として再出発いたします。
http://yodareya03.blog.fc2.com/
是非遊びにきてください。

■よだれ屋スタッフ募集中
只今よだれ屋全店舗『渋谷道玄坂店』『渋谷桜丘町店』『調布店』『府中店』では、スタッフを募集しております。
調理師、調理見習い、ホールスタッフのそれぞれ正社員、アルバイトを募集中です(*^_^*)
まずは、お気軽にご連絡ください☆彡
一緒に元気に笑って働きましょう(^-^)
詳細は、ホームページで!

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よだれ屋オフィシャルサイト
採用情報・会社情報・おもしろコンテンツのお知らせ☆彡




category: スポンサー広告

comment -- | 記事編集 | --.--.-- -- --:--

go page top

☆☆参鶏湯 土俗村☆☆ 


景福宮の近く土俗村(トソクチョン)
20090613204255
参鶏湯専門店
20090613204246
良太が食べてるのは鳥骨鶏のオゴルゲタン
20090613204233
参鶏湯
20090613204223
サムゲタンいただきまぁ~す☆彡





熱いスープ料理で夏の料理として知られ、専門店も沢山あり

ちょうど日本の土用の丑の日におけるウナギのように

三伏の日に食べると健康によいと言われてるらしい♪

このため夏の間だけ提供する食堂が多いみたい

ここの土俗村はサムゲタン専門店で一年中食べることができます☆彡

サムゲタン料理自体の歴史は古くなく

丸鶏を水炊きして塩などで食べる料理ペクスク(白熟)と

もち米で作る粥がひとつになってできたタックク(鶏肉のスープ)が

サムゲタンの原型これが文献に登場するのが1920年代で

[要出典]やがて粉末で入れていた高麗人参が丸のままになり

鶏蔘湯(ケサムタン)と呼ばれていたが人参の効能を

強調するために蔘鶏湯(サムゲタン)とされた。

これも30~40年前のこととされている。

ペクスクはサムゲタンと似た料理であるが

鶏肉をスープから出して皿に乗せて供することや

肉を食べた後にスープで炊いた粥が出てくることなどが異なる。

サムゲタンは材料さえ入手できれば家庭でも簡単に作ることがでそう

鶏肉は
もちろん韓国内ではサムゲタン用に若鶏を処理したものが販売されており

日本の韓国食材店でも冷凍ものを扱うところがある。

調理品のレトルトパックも販売されていて手軽に味わうことができる。

専門店では、烏骨鶏でこのサムゲタンを作ったオゴルゲタンを

出すところがある。栄養価が高いとされ、値段も高い。

















よだれ屋オフィシャルサイト
採用情報・会社情報・おもしろコンテンツのお知らせ☆彡




category: タカオの日記

comment(0) | 記事編集 | 2009.06.13 Sat 21:35

go page top

« ☆☆韓国de朝市☆☆  | h o m e |  ☆☆真夜中のブテチゲ☆☆ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。